kaname-seitai

記事一覧(32)

HPリニューアル かなめ整体院 (天沼・清水)

先々月、悪筆を直すために、ペン字練習帳とジャポニカ学習帳の「かんじれんしゅう」を買いました。購入してから、まだ一日しか練習していません。「三日坊主も十回繰り返せば一ヶ月になる」という話を聞いたことがあるが、このペースだと百回(百ヶ月)やらないといけないような気が...以前から、もうちょっと字を上手くしたいという希望だけはあったのですが、なかなかモチベーションが上がらず、うじうじしてたところに、たまたま立ち読みしたペン字講座の本に「字は脳で書いている」という見出しがあったので、思わず「おおっ!」となったので購入してみました。ざっくりいうと、今までの「とにかく書く・器用さが必要・最後は才能(?)」というものではなく、要は「きれいな字を脳にインプットする」ことが重要だそうです。練習方法云々より、この「脳」というワードに惹かれました。主に初めての患者さんの問診を取っている時に「今の痛みの度合いを十段階でいうといくつ位ですか?」と聴きます。この問いかけに、正解不正解はありません。患者さん自身が、自分の痛み(辛さ)にどのくらいの認識があるか聞くだけです。大体の方は数値をざっくり言えますが、まれにまったく数値化できない「ぼや~んと、何となく、わからないけど痛い?」みたいな返答をする方がいます。こういう方は、ぼや~んと何となく、「なかなか治りにくい」方が多いです。逆に、自分の今の痛みをしっかりと脳が認識できている方は、割りと早く治ります。カイロプラクティックの学校に通っていた時の先生の話に「先ず患者さんの脳を治せ」という話を聞いたことがありました。いつ・どこで・どうやって・どのようにしたらetc...と、自身の記憶を辿っていくと、脳自身が、いつ・どこで・どうやって・どのようにしたらetc...を考え始めて、「じゃあ、治していこう!」という思考に切り替わるらしいです(...うろ覚えなので、「らしい」と...)漠然と治ればいいなという意識から、明確な目標をもって治そうと、患者さんの脳(意識)を切り替えることが、施術の第一歩としては非常に大切という内容でした。先ずは意識するこのことが、日頃の自分の施術方針と、先のペン字練習の本の考え方と重なったので、あと九十九回、しっかりと美文字を意識してペン字練習をしたいと思っております。(月一ペースで果たして上達するのか?)前書きが長くなりましたが本題の、ホームページのリニューアルが完成しました!

営業日 かなめ整体院 (天沼・清水)

二ヵ月に一度の更新ペースを保っています。年の瀬の便りの年賀状を作ろうとしていると、嫁から「年末年始の営業日のお知らせを、正月にもらっても、遅いんじゃないの?」とのツッコミを入れられ、クリスマスカードはどう⁉との提案を頂きました。なるほどと思い、自称決められない院長の自分は、相変わらず患者さんに「年賀状とクリスマスカード、どっちが嬉しいですか?」と、リサーチを開始したところ、ほぼすべての患者さんが【 年賀状 】とのことでした。やはり、日本人に馴染みのある年賀状の方が、もらった時に嬉しいのと、クリスマスカードはもらう習慣がないので、パッとしないとのことでした。ほとんどの患者さんに言われましたが「ここに来てる患者さんは、もうその話をされた時点で、来年の営業日を聞いてるからねぇ…」それもそうだと、かなり納得。副院長(仮)の息子に、前回の看板同様、最終決定して頂こうと、年賀状 or クリスマスカードを聞くと「りんご~」という、全くもって理解できない、高度な返答を頂いたので困っていました。ただ、折角の奥様のご提案をなしにするのも、かわいそう(あとで怒られるん)じゃないの?と患者さんから言われ、ちょっと考えた末に、久々の患者さんに送ることにしました。ということで、クリスマスカードが届かなかった患者さん用にアップします。

色心不二 かなめ整体院 (天沼・清水)

更新すべきネタができたので、久々に更新しました。その前に、来院されてる女性の患者さんに、下肢静脈瘤があったので「静脈瘤ありますね。病院で診てもらったことはありますか?」と何気なく聞いてみると「病院行ったけど、『これくらいなら痛くないでしょ。もっと悪くなったら処置しましょう』って言われたのよ。もうズボンしか履けなくてね...」との返答。さすが医者だな...と。いや、喧嘩を売るわけではないですが、患者さんに同苦してあげる能力が本当に乏しいなと改めて思いました。勿論、たまたまそういう人がいるだけで、素晴らしい名医もいるのは知っています。痛みを取り除くことだけが、本当の治療ではないはず。私事ではあるが、来院されてる患者さんで何人か「痛かったけど、ここに来ると治ってるんだよなぁ~」と、【 施術前 】に言う方がいます。(極端な例ですが、、、)俗に言うプラシーボ効果も有るとは思います。ここに来れば治るという一種の暗示でしょうが、そこには患者さんと施術家との信頼関係があってこそのことだと思います。まあ、ただ単に施術の技量の足りなさを、トークで補っているだけと言われればそれまでですけどね。でもそれが、先の医者のような言葉では、プラシーボも何も生まれないでしょう。色心不二。仏法用語(?)で、【色】(肉体面の働き)と【心】(心の働き)は【不二】(対立していて二元的に見える事柄も、絶対的な立場から見ると対立がなく一つのものであるということ)という意味らしい。※詳しくはGoogle先生にお尋ねください。まさにその言葉を日々、皆様から実感させて頂いています。ということ(?)で、開院してから2年以上経ってから看板を設置しました。

マタニティ整体 かなめ整体院 (天沼・清水)

気付けば梅雨が明けて、夏本番に…月一ペースの更新なのでまだ良い方かも。お陰様で二周年記念のキャンペーンも好評(?)でした。ご来院された皆さま、本当にありがとうございます。まだの方も8月末までありますので、ご機会のあるうちにご来院をお待ちしております。さて、特にホームページに記載されてませんが、妊婦の方も時々来院されております。(お子様連れOKは記載されてますので、そちらはちょくちょく来院されてます)ご主人が来院していて、「嫁が妊娠しているが、腰や背中が辛いようなので診てくれますか?」的な相談が多いです。色々な整体院でも、マタニティ整体をやっているかと思いますが、当院も実はやっています。秘密にしていた訳ではありませんが…妊娠前期でうつ伏せが辛くないのであれば、そのままやりますが、中期~後期でうつ伏せがしんどい方は、主に抱き枕を使って横向きで施術をさせて頂いております。横向きの施術ですが、妊婦の皆さんの感想が、思っていた以上にしっかりほぐしてもらえると、うれしいお言葉をもらえますので、ホームページをリニューアルするときはマタニティ整体を付け加えねば。。。ちなみに、妊婦でなくても、うつ伏せが出来ない方は横向きでやりますので、お気軽にご相談下さい。※注 かかりつけの主治医の方とご相談の上、ご来院して頂ければと思います。↑↑↑↑ご相談した妊婦さんが、主治医の先生に「所詮、気休め程度だから…」と言われて、「妊婦の腰痛の辛さを全然理解していない!」と切れてましたが、あくまでも主治医・ご家族の方と話し合うのがよろしいのかと…ともあれ、妊娠の先に出産・育児と様々大変なこと(楽しいこと)が待ち構えていますので、元気なお子様が生まれるように、母子ともに健康でいるのがベストかと思います。

雑誌掲載(ひよこクラブ) かなめ整体院 (天沼・清水)

本日発売の【 ひよこクラブ 】(ベネッセコーポレーション)(3月号)に〔早めが肝心!今スグ骨盤ケアをはじめよう!〕に当院を掲載して頂きました。…えぇ、もちろん、ご想像通り、隅っこの方に ちっちゃく 載ってます。機会があれば、ウォーリーを探せ!なみに見つけてみてください。しかしさすが、赤ちゃん雑誌に載る子は、みんな可愛いですね。。。実際に読んでみるとなかなか面白い内容もありました。自分の治療院の欄よりも見入ってたかも…なかでも、「いい母でなくても大丈夫!幸せな母をめざそう」は何となく自分にも当てはまりそうなので感慨深いものでした。【育児は育自】「できないこと」ばかりに目をやる(意識がいく)より、「できたこと」成長したことに目を向ける方が、より上質な幸せを感じ、その親が感じた幸せがイコール子供に伝わる幸せになるのだと。。。自分で書いててよく分からない文だが、とにかく世の先輩パパママはすごかったんだと思い返りました。新米パパ、頑張りたいと思います!。。。思います。。。実行するかな。。。The best way to cheer yourself up is to try to cheer somebody else up. (自分を元気づける一番良い方法は、誰か他の人を元気づけてあげることだ。)最近、【ニコニコ看板】の裏に書いてある言葉ですが、「トム・ソーヤーの冒険」の著者、「マーク・トウェイン」の名言だったそうです。施術をして患者さんが元気になって帰ってく姿を見ると、どんなに寝不足でも元気に次の患者さんに向かうことができます。改めて皆さま、いつもありがとうございます!これからも精一杯の施術をさせて頂きます!

新年の挨拶 かなめ整体院 (天沼・清水)

大分遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!本年も精一杯の施術をさせて頂きます!先日、患者さんから新年の挨拶も早々に、「これを見てくれますか?」と、一枚の紙を渡されました。英語で書かれたメモで、どうやら患者さんの孫娘のお婿さんのお父さんが書いてくれたものでした。詳しくはかなり端折りますが、そのお父さんアメリカ人で、向こうでは有名な整体師らしく、来日した際に、うちに通って下さっている患者さん(義理の祖母というのかな?)を診たらしく、このメモを通っている先生(僕のことですね)に見せるようにと言われたそうです。…はっきり言って、読めなかったです。ただ、何となく読める単語を見ていくと、おそらくここの部分を施術しろってことなのかな?と思う中で、自分がアプローチしようと思ってた部分と、その有名な整体師の先生が言っている部分がリンクしているので、施術方針は間違っていないのだなと確信しました。患者さんが帰った後、PCに向かって必死に単語を調べていると、ほとんどが筋肉の部位の名前で、施術方針や患者さんの症状も自分が想像していた通りだったので自信にもなりました。…ただ、何が難解だったかというと、そのお父さんの英語の筆記体の筆跡に癖があり過ぎて、その解読に時間がかかりました。分かった時はクイズに正解したみたいで面白かったですけどね。2020年の東京オリンピックに向けて、かなめ整体院もワールドワイドに英語対応にしようかな。。。患者さんから新年の挨拶と共に頂きました!

雑誌掲載 かなめ整体院 (天沼・清水)

明日11/2発売予定の【 健康 】(主婦の友社刊)(12月号)という雑誌に、〔スゴ腕の院長10人紹介〕の一人に選んで頂きました。自律神経が原因の症状は背骨メンテナンスで治る!背骨の歪み解消で、頑固な首の痛み・腰痛・肩こり改善!等々の簡単な説明を受け、内容的にもウチの整体院に合っているからいいかな?と思い承諾しましたが、頂いた表紙のタイトルを見て「ん?」となってしまいました。本の内容を簡単に言うと、背骨を経由して出ている自律神経(体の機能を調整する神経)が、ストレスや運動不足・睡眠不足、加齢、喫煙、不規則な生活リズムなどによって乱れると、頭痛・肩こり・腰痛・冷え性・不眠・高血圧etcを招く...だがしかし!背骨をねじることによって、自律神経の乱れを解消することが出来る!!と、言った内容です。簡単に言うと。折角なので、やり方が載っていたので教えますが、文章のみの表記になりますので、正しいイメージが出来ない人は、【健康】を購入or立ち〇みして頂ければと思います。1・壁を背に約30cm離れて立つ。ポイント 足は肩幅に開く。幅が狭いと、膝を痛める原因に!2・左足を壁と平行にし、右足を左側斜め45度に傾ける。ポイント 足は変わらず腰幅のまま開く!3・手を肩幅に開く。ポイント 手は胸の高さに!4・体を左にひねり壁にタッチ!そのまま3~5回ゆっくり鼻呼吸。ポイント 顔は耳が壁側に来るよう、壁に向ける(無理せず、ねじれる範囲でOK!)効果アップ!壁に体重をかけると、さらに効果を感じられる!※足を組みかえて反対側も同様に(左右2セット 1日2回)…と、いった感じです。文章のみなので難しいかもしれませんね。要するに、ストレッチかな。。。動きの悪い背骨をねじることによって、その周りの筋肉も緩める効果が有る!といったところだと思います。最初に表紙を見て「ん?」となったのは、「背骨をねじるだけで?」と思ったからです。ある程度、健康な人はいいかと思いますが、そもそも背骨が固まって動かない人はどうするのだろうと。首を自分で回してポキポキ鳴らすのは良くないので、骨格矯正も良くないと言う方もいます。しかし、自分達がやるカイロプラクティックの矯正は、大前提として、自分で動かせないロックされた関節をねらって矯正し、可動域を正常にして神経伝達を改善させることです。自分で回して動く(鳴る)関節は、元々動きやすい若しくは、そこしか動かない部分だったりします。日々のストレッチとして、背骨をねじるのは良いかと思いますが、それだけでは補えれない時もあるかと思いますので、時々、体をメンテナンスしに行くことをお勧めします。